ペットの火葬は人間の火葬と同じです

ペットは一緒に過ごす間に動物の域を超え「家族」となることで、最期を看取る際には大変大きな悲しみとなります。
人間の葬儀と同様に、きちんと送り出してあげましょう。
最近ではペット専用の業者も存在し自宅まで来て貰えるもの、火葬した後に返骨してもらえるもの、お寺に動物専用の墓地を備えているものなど、その種類も多種にわたります。
斎場は綺麗な花々で飾られ、先に旅立った犬や猫の写真が飾られていたり、焼香台や献花台などが設置されていることも少なくありません。
火葬場も人間のそれと何ら変わらず、家族でお骨上げを行うことも可能です。
また埋葬やその後の法要を行ってもらえる場合もあり、飼い主の納得いく形で愛犬や愛猫を送り出すことができるでしょう。
もちろん犬猫だけでなく、小鳥やハムスターなど小動物の火葬も可能です。
愛情を持って育ててきたからこそ最期まで責任をもって送り出すことも、飼い主の大事な務めであるといっても過言ではありません。

ペットも火葬してあげよう!

長い間飼っていたペットが突然死んでしまった。
そんな経験をされた方は少なくないと思います!特に独り暮らしの方や、高齢者のかたにはとても辛いことだと思います。
できれば人間と同じように火葬してあげたらと思う方もいらっしゃるかもしれません。
と言うことで今回はペットの火葬についてお話ししたいと思います。
ペットも大きさによりますが時間はだいたい人間と同じくらいです。
人間のように大掛かりなことはしませんが、家族で優しく最後を見送ることができます。
人間と同じように点火も飼い主によって行うことができます。
今日突然死んでしまったりしても、電話を掛ければすぐに行うことができます。
火葬したあとは、骨を自分で持っておくか、みんなと同じところにいれるかが選べます。
後者の方が多い見たいです!「え?人間と同じところに入れれないの?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、人間と動物は同じところに入れるのはいけないんです仏教的にアウトです!そこら辺もふまえて考えてみてはいかがですか

注目サイト

最終更新日:2017/10/6