ペットとしての小動物の人気はスペースと経済性に

インコやフェレット、小型のウサギを始めとして、小動物のペットは基本的に可愛らしく、飼育にも殆ど場所を取らないので人気があります。
大型の室内犬や猫と比べても必要なスペースはごく小さく、その大半がケージ内でOKという手軽さです。
また動物自体が小さい分普段から食べる餌の量も少なく、餌代についても、長期的に見ればかなり経済的という事が出来ます。
最近ではいわゆる可愛いという第一印象を持っている前述の動物だけで無く、そのジャンルはカメやトカゲといった爬虫類や昆虫類にまで広がりを見せています。
これらの動物は可愛いというよりもむしろ生物としての格好良さが第一印象としてくるものであり、必然的に格好良さを求める男性からの人気が高くなる傾向があります。
加えて言うならこれらの動物は生活パターンに冬眠を挟む変温性のものが主体であり、代謝率も低いので、一部例外もありますが、より低い餌代で済むケースが多いのです。
いずれにせよ、自らの希望と室内環境の両面から検討し、最適な種類を選択する様にしたいものです。

小動物をペットとして飼う場合気をつけるべき点

リスやハムスター、猫などの小動物を部屋の中で飼う人が増えていますが、こうしたペットを飼う場合に気をつけるべき点がいくつかあります。
動物はあくまで野生のもので、それを人間の生活に適応させてなんとか一緒に暮らしているとの考えをまず持つことです。
動物が自分の意に沿わない行動をとったり、いうことを聞かないのは当たり前で、それに対していらいらしたり、あたったりしてはいけません。
アパートなどで飼う場合は、契約の段階で小動物などのペットを室内飼いするのがOKかどうかを確認できます。
もしNGならおとなしくあきらめましょう。
これを無視して隠した状態で飼い続けると、必ず隣人経由あるいは他者からの連絡によって管理者にばれ、契約違反を問われてしまいます。
トイレや食事場所などのしつけはしっかりしておかないと、部屋を汚されたり傷つけられたりします。
猫などは特に目を離さないようにするか、傷ついても大丈夫な家具を配置するなど、対策が必要です。

pickup

ペット火葬を戸田市で探す

2017/11/1 更新